読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

What A Beautiful World ! 〜心を豊かにする日常

JAZZボーカリスト岡倉千恵としての活動と、プライベートな日常での心を揺さぶる色々な物事

みんな繋がっている🌐

f:id:musutychang:20161123134319j:image昨日はサントリー美術館のメンバーズデイで、「小田野直武と秋田蘭画」を観に行ってきた。重要文化財となっているポスターの作品「不忍池図」は以前も観たことがあり、その頃から気になっていた人だったので、楽しみに出掛けた。

まずはその画力には誰もが驚かされると思う。

そして写実性のなかにあるアイデアと人間味。

手前に描く物の焦点を当てながら、奥に広がる遠景。陰影をつけ物の存在感を見せるところは

西欧画から多くを学んでいるというのがよく分かる。

秋田蘭画は、構図が後の広重などの浮世絵に多大な影響を与えていたり、詳細に描き込むところや色使いなどは、若冲動植綵絵を思い出した。若冲の画壇デビューの方が後なので、彼にも多くの影響を与えているということが確信できた。

これほど後の日本絵画に真髄が脈々と流れているにも関わらず、その活動期の短さで大きく周知されていないのがとても口惜しいと私は感じた。

 

誰かTVでも言ってたけど、短い期間でその才能をもって名を広めても、後年名が残るという点では、長く活動した者には敵わないようだ。ジャンルは違うが、私の大好きなフランスの名優ジェラール・フィリップも、自国ではともかく他国においては、オンタイムで生きてた人か、彼の出演映画を偶然観て魅了された私のような者にしか知られてないだろう…。

 

とにかく今回の展覧会は(も)かなり良いので、時間があればもう一度行きたいと思ってます。

情報だけに踊らされず、自分の目で見て感じ考えることが益々好きになりそうです☆

不安と希望と…

もうすぐ日付が変わる時間。

今日はボーカルレッスンにセッションにも行ってきた。

次回ライブがなんと12月24日連休のど真ん中、Xmasイブに入っている。

否応無しに特別の日なので、お客さまの入りはもちろん、選曲にも未だ悩み中。

Xmasソングはライブでは歌ったこと無いけど、せっかくだから2曲用意していて、あとは何にしよう。

今回は初のお店で初のギターとのデュオ。

ギタリストさんは安心して懐に入らせてもらえる方なのだけど、つい欲が出て新しい曲にチャレンジしたくなる。

失敗など考えずにやはりチャレンジが大切かな。

何事も経験、経験でとにかく進んでいきましよう!

ここでライブ情報を一応。

 

12月24日19:30〜 赤坂SOLID  BEATにて

                             MC¥2,800   です。

どれもちがってどれもいい。

f:id:musutychang:20161117183729j:image昨日は上野東京都美術館で「ゴッホゴーギャン展」観てきました。

閉館2時間前くらいに入ったのですが、平日なのになかなかの入り。

その交友から何かと対比される二人。今回の展示を観て、確かに相反するパーソナリティを持っていたんだなと、各々の絵からもよく伝わってきました。

ゴッホは人間が好きで、人との繋がりを求め関心を向けたけれど、心の孤独感を拭いきれず病んでいってしまった。

対するゴーギャンは自分の中の独自の世界とその他の世界の相違を認めた上で、その違いを追い求め行動を起こし自己の存在を再認識する。

どちらが良い悪いでもなくそれぞれの芸術に表現される内面の個性が、今なお私たちを惹きつけるのだろうと思いました。

因みに私は、ゴッホの精神的不安定になってからのあの目の覚めるような色使い、不安感を引き起こしかねない写実と幻想の狭間のような造形が好きだけど、最近はゴーギャンの薄塗りで色面構成された筆触で描かれる、しっかりした頭の中から生まれた幻想的世界にとても惹かれるようになりました💓

なんだかな〜💧

今日仕事中にふと思ったこと。


私は昔から自分の中に2つの人格があり(二重人格というものではなく)、本当の自分って何なんだ?と結構苦しんできた。

この歳になって人生経験を積んできてやっと、人よりも相反する性格(思考性)を顕著に

持てる人間なんだなと確信できた。

占い師の方に言わせても(信じるかどうかは人それぞれだけど)非常にバランスがいいそうで、確かに利き手なども現在はペンは右だけど刃物は左、やろうと思えば何方でもいける。

人に与える印象も初対面とかなり親しくなった間柄とではギャップがあるらしく、意外!と言われることも幾度となく経験してきた。

若い頃はこれでかなり悩んだけど、今ではお得な性格、これが私なんだって考えられるようにはなった。

でも色々な物事を決断する上で、理想主義的な本質を現実を考える頭が邪魔をすることがあり、疲れ果ててしまうことが多々ある。堂々巡りから抜け出せず人知れず悩んでいる。

最終的に自分の道を貫いているように見られるが、実はそこまでの道程が人一倍葛藤した末だということをあまり理解されない。


と、今日もちょっとした場面で両極端思考が

脳みそをごちゃ混ぜにする…(。-_-。)

つれづれなるままに。

あまりにも早く進んでいく時間。気持ちが追いついていかない感覚に囚われながら過ごしてしまうことが多いけれど、何とか日々の足跡を残していこうと、個人的関心をテーマに書きたいと思います(^-^;

最近はシンガーとして、主にJAZZのフィールドで歌わせてもらってます。JAZZとの出会いは学生の頃に遡るのでかなり年月は経ちましたが、流れに身を任せすぎる性格上紆余曲折をし今日に至り、初心のまま毎回臨んでる次第ですが、自分の感情を大切に歌と向き合っています。

歌うことがアウトプットなら、Art鑑賞や旅で様々な"美"に出会い昇華することがインプットとなっています。元々ポジティブな感動屋なので、これからも色々な経験を通し人生を彩りあるものにしていけたらと思ってます。